【無料】おすすめゲーム3本【Nintendo Switch】

無料配信されているニンテンドースイッチ用ゲームソフトの中でも特にオススメのゲーム3本を紹介します。

どれもNintendo Switch Onlineに加入してなくても無料でオンラインプレイができます。
ゲーム内課金がありますがスキンやエモートなどの見た目の変更だけで、無課金でもゲーム中に不利になることはありません。

Fortnite(フォートナイト)

(上の画像をクリックすると任天堂公式サイトに飛びます)

類似のゲーム
・PUBG
・荒野行動

視点
・TPS( Third Person shooter)
   スプラトゥーンのように自キャラの背中側から見ながら打ち合うゲーム

ジャンル
・バトルロイヤル
 100人のプレイヤー同士で戦って、生き残るサバイバルゲーム

他のバトルロイヤルゲームが現代的な戦争の雰囲気でリアル感が高いのに対して、Fortniteはポップさやユーモアを重視した雰囲気で、現実的にはありえなくても面白ければゲーム性を高めていくという姿勢を感じる。

特徴的なのは、マイクラフトのように集めた資材を使って、壁や屋根を建築して拠点を作ったり高い場所に登る足場を作ることができ、飛んだり跳ねたりするアイテムを使用して、発想次第で面白いプレイができる点が他の打ち合いだけのゲームとは一線を画する。

バグは多いが、運営が非常に優秀なので、将来的には今よりもさらに良いゲームになると期待できる。

Paladins(パラディンズ)

(上の画像をクリックすると任天堂公式サイトに飛びます)

類似のゲーム
・Overwatch(オーバーウォッチ)

視点
・FPS(First Person Shooter)
 自キャラの目線で打ち合いをするゲーム

ジャンル
・チーム対戦型シューター
 5 vs 5のチームに分かれて時間内にルール別の目標スコアを競い合うゲーム

雰囲気や、操作性はかなり違うが、実はスプラトゥーンとルールは似ているので任天堂ユーザーにも馴染みやすい。

スプラトゥーンにあてはめると
・対戦ルールの「襲撃」 = ガチエリア
・対戦ルールの「シージ」 = ガチヤグラ
・対戦ルールの「ドラゴンズコール」 = ガチホコ
・キャラのカスタマイズ用カード「ロードアウト」 = ギア

バグが多く、日本語訳も中途半端で全体的に大雑把だが、ゲーム内容自体は面白い。

AoV – Arena of Valor(アリーナ・オブ・ヴァラー)

(上の画像をクリックすると任天堂公式サイトに飛びます)

類似のゲーム
・LoL – League of Legends(リーグ・オブ・レジェンド)
・Dota 2

視点
・クォータービュー
 斜め45度から操作キャラを見下ろして操作するゲーム

ジャンル
・MOBA(Multiplayer Online Battle Arena)
 プレイヤーが2つのチームに分かれて、敵チームの本拠地を破壊することを競い合うゲーム

LoLは月間プレイヤー人口が1億人を超えており、月間アクティブプレイヤー数で1位の人気ゲームだが、今までPCでしかプレイできなかった。(ちなみに2018年上半期時点でFortniteは家庭用ゲーム機では1位、総合順位では5位となっている)
LoLの開発元である米国Riot Gamesを買収した中国のTencentが今までLoLをプレイできなかった家庭用ゲーム機用として出したゲームがAoVです。

Nintendo Switchにダウンロードした直後は、英語表示されるため下記の記事を参考にして日本語表示に変更してください。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*