新型Nintendo Switchについて

報道内容

THE WALL STREET JOURNAL によると

  • 液晶の改善
    • 現在は低コストの液晶を使っている
    • 最新スマホ液晶技術を使うことで明るく、薄く、軽く改善できる
    • 有機ELディスプレイではない
  • 発売時期は2019年後半(はやければ夏、おそくても年末)
  • ハード・ソフトともに検討中の段階

(上の画像をクリックすると元記事へ)

記事の信憑性

  • 発売時期2019年後半は、ありえる
    Switch発売は2017年でNintendo DSシリーズは1年半から2年周期で上位機種が発売されているため、十分にありえる。
  • 検討中もありえる
    どの会社、どの機種でも、次世代機・上位機種・下位機種の検討は、新商品発売直後から行うので、取材しなくても検討中なのは間違いない。
  • 液晶変更もありえる
    サイズが同じじゃない限り変更されるだろう。ただ、明るく、薄く、軽くなったところで、上位機種の魅力になるとは思えない。
  • 今検討中で1年以内に発売は難しい
    早ければ1年以内に発売されるという割にハードもソフトも検討中というのは、部品調達(発注)後の量産や品質テストの期間を考慮すると矛盾している。
  • 飛ばし記事(根拠、憶測によって書かれた記事)と思われる。
    無難に嘘にならない変更点を記事にしただけではないのか?

予想

2019年後半の新機種発売はありえる。(過去の上位・下位機種の周期と合致)
では、どのような変更があるだろうか。

非常に可能性が高い変更(必須の変更)

  • CPUの変更
    Swichに採用されている Tegra X1 は脆弱性が発見されており、現行のSwtichはCPUを変更しない限り、ハッキング対策は不可能となっているのでCPUがバージョンアップされるのは確定だろう。
  • 熱対策
    Switchは、熱暴走、本体が曲がる、液晶が浮く、など熱に関連する問題が発生しており、対策が求められる。

可能性の高い変更

  • ローコスト化
    任天堂のハードは、Sonyやマイクロソフトと比較してそもそも性能が段違いに低いため「Switch Pro」のような性能強化した上位機種を出すのではなく、廉価版を出してシェア競争を有利に進める戦略と思われる。
  • 小型化
    薄くなるという報道もあるが、むしろ薄さはほぼ据え置きで縦横が小型化された 「Switch Lite」「Switch mini」 のような小型化機種がでるのではないだろうか。現行版Switchは持ち運んだり、ポケットに入れるにはサイズが若干大きい。また小型化することで、液晶部品などの部品コストも下げられる。
  • 省電力化
    熱対策、ローコスト化、小型化という変更と相性がよく、CPUのマイナーチェンジや液晶の小型化などにより、省電力化が進むと思われる。

可能性の低い変更

  • 処理性能向上
    CPUはハッキング対策として変更されると思われるが、マイナーチェンジにとどまり、性能は大差無いと思われる。
    性能向上を行うと熱量が上がる傾向にあるので、どちらかというと性能向上よりは、省電力化のアップデートに注力していくだろう。
  • グラフィック性能向上
    CPUと同様にGPUも処理性能は大差なしになりそう。あっても省電力化だろうが、全く変更されない可能性すらある。
  • メモリ
    ローコスト化するなら、容量据え置きだろう。
    部品原価が下落しておらず、安定しているためメインRAM 4GBから増やさないと思われる。
  • ストレージ
    本体が小型化やローコスト化をするなら、ストレージ容量は据え置きになるような気はする。
    ただ現行Switchは32GBと容量が少ないですし、メモリと違って部品原価が下落しているので容量の増大と、転送速度の向上を期待したい。

現行機種にも期待したいアップデート

利便性関連(主にドック)

  • ドックを小型化してほしい
    ドックが無駄に大きいので、熱がこもる。
    ドックをスマホのドック並みに小型化して ほしい。
  • テーブルモードでも充電したい
    ドックにSwitchを挿してテーブルモードでゲームをプレイしながら充電できるようにして欲しい。
    ※TVモードとテーブルモードの切替スイッチは必須

サウンド関連

  • 音声出力・音声入力のデバイスを指定したい
    現状は、3.5mmミニプラグにイヤフォンを指すと、USBマイクや、HDMIからのサラウンド音声は自動で利用できなくなる。
    例えばフォートナイトでHDMIからサラウンド音声出力と、マイク音声入力が利用できるように音声出力・入力のデバイスが自動決定されるのではなく、PS4のように設定画面で選択できるようにして欲しい。
  • Dolby Digital サラウンド対応
    SwitchはリニアPCM 5.1chしか対応していないため、Switchでサラウンドを利用できる環境を作るには制限が多い。
    2017年に Dolby Digital(AC-3 )特許は失効しているので、ファームウェアアップデートで Dolby Digital に対応してくれば、PS4のようにサラウンド環境が整えやすくなる。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*